国内業界初・客観的データに基づく福祉用具導入効果の研究を発表

パラマウントヘルスケア総合研究所

パラマウントベッドホールディングス株式会社は、「パラマウントヘルスケア総合研究所」を立ち上げ、医療・介護分野専門の調査・研究を行ってきました。

今回、2022年8月19日から22日にかけて行われた「第21回日本生活支援工学会大会他2学会合同学術集会(LIFE2022)」に参加、「要介護者における福祉用具導入効果の研究」について発表しました。

国内では、超高齢社会を迎え要介護者が増加していく中、福祉用具の役割はますます重要となっています。

福祉用具については、これまで様々なサービスが展開され、その効果を検証するデータはあるものの、介護ベッドや車いすといった種目別の使用効果については、客観的な研究と調査に基づくデータは、国内では今回が初めてです。

 

 

介護ベッドの有効性を検証

今回の研究は、福祉用具の活用による改善効果を明らかにする目的で、アンケートによる定性的データ、操作履歴による定量的データを組み合わせ、介護ベッドに特化し調査・分析を行いました。

まず、各基本動作で感じている課題の割合と、介護ベッドを導入した後のものとアンケートを収集・比較したところ、介護ベッドを使用したほうが課題の改善に効果があることが示唆されました。

また操作履歴では、介護ベッド利用者の操作履歴から「どの操作」に対して「どのような機能・機器」が役に立ったのかを分析した結果、日常生活での自立支援、介護者の負担軽減に役立つ傾向があることが分かりました。

これらを調査報告としてレポートにまとめ、LIFE2022で報告しています。同研究所は今後も、そのほかの福祉用具の使用効果について、引き続き研究を行っていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

 

【インフォメーション】

パラマウントベッドホールディングスのプレスリリース

https://www.paramount.co.jp/news/detail/281